石川県の産業構造

統計資料で見る石川県の産業構造

 石川県は、北陸経済圏の中心地域として、建設機械及び繊維機械を中心とする機械金属工業と絹・化合繊維を中心とする繊維工業を主体として、古くから発展してきました。
 しかし、近年は電気機械やソフトウェア、研究部門等の企業進出が相次いで見られ、産業構造の多様化・高度化が進展しております。
 また、石川県は中小企業の割合が高く、これらは独自の技術によって「世界的な企業」にまで発展しているものも少なくありません。立地企業のパートナーとして、技術と個性ある優秀な企業が集積しています。

立地環境
位置・自然環境
能登から羽ばたく
団地の概要
石川県の産業構造